読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

浪漫飛行

20代ニート(4月卒業予定!)による超低空飛行Blog

【財布を断捨離】マネークリップのススメ【ミニマリスト】

ミニマリスト

どーも、佐藤ですって打ってたらよく斎藤って打っちゃう。佐藤さんだぞっ。

新しくPC買って本当に良かった。blogが書きやすすぎてたまらんです。読者全然おらんけどな。

 

閑話休題

 

さて、僕はここ2ヶ月ほど財布の使用を辞めてマネークリップを使っています。今日はマネークリップってなんぞやってとこから、2ヶ月毎日使ってみてどう感じたかみたいなとこまで書いていこうと思います。

 

 

マネークリップってなに

 

STORUS(ストラス) スマートマネークリップ シルバー
 

 こーゆーやつです。僕が使ってるのが正にこれ。

要はお金専用のクリップですね。上に紹介しているSTORUSのようなお札とカード数枚だけを挟むことができるものや、少量ですがコインを挟めたりするものがあります。

 

マネークリップって、母親世代だと成金だとかホリエモンとかが使ってるイメージがあるみたいです。いいイメージではないみたいですね…

あと、よく「小銭どうすんねん」とか聞かれるんですが、それについても後々書いていきます。

 

僕がマネークリップを使い始めた理由

2点あります。

 

①お尻のポケットに皮財布を入れると暑いし、イスに座りづらい

②単純に持ち物を減らしたかった

 

3点を無理やり2点にした感が否めませんが、こんなところです。

まず①についてですが、夏場が特にキツい。女性はピンと来ない方もいるかと思いますが、男って財布は基本尻ポケットに入れてるんですよ。夏になると蒸れる蒸れる。

そして休憩がてらにカフェに入って座ろうとしたら、今度は尻の財布が邪魔。僕はいつもお尻で踏みつけてしまってました。ただでさえ中身がスカスカな財布が更にペチャンコに。

 

次に②ですが、シンプルライフ(ミニマリストみたいなもんです)を志したときに、まずは普段持ち歩く荷物から減らしていきたいと思いました。実際、僕は長財布を使用していて、ある程度のカバンのスペースを占有していたので、断捨離の意味も込めてマネークリップに移行しました。

 

使ってみて感じたメリット・デメリット

 

まずはメリット、良かった点から。

 

  1. 常にポケットに入れておける(座っても問題なし)
  2. 小さくてスペースを取らない
  3. マネークリップ自体が傷みづらい
  4. ネタになる
  5. 会計をスマートに行える

 

こんなところでしょうか。最初の1・2は狙い通りといったところですが、残りの3・4・5は予想外の収穫でした。

当然といえば当然ですが、皮財布ではないので傷みづらく、定期的に買い換える必要がありません。初期費用も低く、コスパ面ではかなり高いと思います。

実際僕の周りでは使っている人を見たことがないので、話のネタにもなります。そして何より5番目、会計がめちゃくちゃ早いです。一瞬で支払いできちゃいます。デートの支払い、超スマートで自己満足半端ないです。

 

次にデメリット、悪かった点です。

 

  1. 小銭の処理ができない
  2. ポイントカードまで挟む余裕がない
  3. 人によってはお札の扱いが雑だと感じてしまう

 

やっぱり小銭どうしようもないです。僕の場合はできるだけカード払い、小銭が発生した場合はそのままポケットに突っ込んでます。ジャラジャラうるさいなーと思ったら次はカバンのポケットに打ち込みます。基本的にカード払いなんで、小銭はあまり発生しないんですけどね…

あとはどうしてもお札を折り曲げて挟むので、お金が汚くなっちゃいます。ビシッと綺麗に揃えたお札が好きな方は、潔く長財布を使用したほうがいいかもしれませんね。 

 

 まとめ

 

個人的にはマネークリップにして本当に良かったと思っていて、他の人にも勧めたくて記事にしました。上記で紹介した僕の使っているものも3000円ほどで買えるので、試しやすいと思います。もし良ければ、一度試してみてはいかがでしょうか。