読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

浪漫飛行

20代ニート(4月卒業予定!)による超低空飛行Blog

暴落時は日頃のキャッシュポジが大事だと実感しました

f:id:satonogohan:20161112153957j:plain

 

トランプショックの時にFXでボコボコにやられたんですが、

株の方はちゃっかり買ってたんだよね、僕。

 

翌日、日経平均は見事V字回復を果たしてくれて、多少の含み益ができた。 

もちろんFXで22万も溶かしていて、完全に穴埋めなんてできてないんだけど、すこーしだけ盛り返せた気がする。

今回なんで株の方でFXの損失をカバーできたかというと、ちゃんとキャッシュを確保していたから

 

 

いくらまで投資すべきなのか

 

結局のところ、仮に余裕資金が100万円ある人が株をやるなら50万円で普段は運用したらいいんじゃないだろうか。そして暴落局面にはじめて残り50万円を使うようにする。 これを100万あって、100万使うから暴落チャンスのときに何もできない状態になるんじゃないのかな。

【ラッキー】トランプなんやねん - わたしの年収は53万です

 

結局のところ、僕もこれだと思うんですよ。

もちろん、運用額によるんだけど。10万しか持ってない人が5万しか運用しなかったら、いつまでたっても資産はふえないし!

 

上記の引用は、僕が毎日読ませてもらってるフリーザさんのblog。年収が53万とか言ってるけど、多分月収の間違いだと思うw

この人のブログ、ことごとく読みを外してるところがあって、それを自虐してるのが面白いんだけど。でも、分析とか書いてる内容はとても説得力があって(素人目線で申し訳ないんですが)、すごく勉強家だしこういう人が成長してバリバリ稼いでいくんだなーと。

で、上記の余裕資金のクダリがちょうど僕自身も感じていて実践してることだったので引用。有名投資ブロガーさんたちにとっては当たり前のことだと鼻で笑われてしまうかもしれないけど、とても大事だと思うんだよね、キャッシュの確保

 

チャイナショックもブレグジットもフルポジションでキャッシュ確保していなかったから、全く買いに走れなかった苦い経験がある。ポジションが暴落しても、目をつけてた株を拾うお金がない、持ち株がいくら上がると信じていてもナンピンするお金がない。本当に精神的にもきつかった。

2度も暴落というチャンスに乗り切れなかった僕はそれ以来、少しポジションを縮小して30〜50%ぐらいの現金をキープするようにしている。

そうすることで、ここぞという時に買いに走れるだけでなく、「いつ暴落が来ても耐えられる」という精神的余裕がすごい。

 

遊びでFXやって20万も溶かしてる僕が資産運用について何語っても説得力ないんですが、、、、キャッシュ確保は大事だよねってお話でした!