読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

浪漫飛行

20代ニート(4月卒業予定!)による超低空飛行Blog

【株本】『株式市場「強者」の論理』は初心者が次のステップに進む為の本

最近はニートのくせに、忙しい毎日を送らせていただいてます。

先日も一週間ほど東京に滞在してまして、今週末も地方に行ってきます。

 

ニートのくせに損切りばかりで大丈夫なのかという心配の声も頂いてますが大丈夫なわけないでしょう、ぼちぼち利確もしましたのでなんとか生きています。

 

その間、更新も滞っておりまして。

こんな弱小くそブログにも関わらず、覗きにきてくれてる人もいることに感銘を受けたので、もう少し更新頑張っていきます!

 

 

さて、今日は株式投資本の紹介でーす。

ぼくは株式投資の本って、レベルが極端だと日頃から感じてます。

どういうことかっていうと、超初心者向けの本と上級者向けの本はたくさんあるんですが、ミドルクラスの本って少なくないですか?

ぼくはまだ投資初心者に毛が生えたくらいで、一歩ずつ階段を登るかのようにレベルアップしていきたいんですが、段階的に読めるような投資本をあまり知りません。

もし、初心者よりちょい上〜中級者向けのいい本をご存知でしたら紹介してください!

 

今日は、そんなぼくが読んだちょうどいいレベルの本を紹介します。

 

株式市場「強者」の論理

株式市場「強者」の論理

 

 歴戦を勝ち抜き生き残ってきた猛者たち(プロ)が、素人(アマチュア)相手に一切の手加減なく本気のガチンコ勝負を仕掛けてくる相場の世界。


そんな中で、ぼくのようなチンカス弱小投資家が、いかにして生き残るかを主にメンタル面中心に解説した本です。難しい単語が少なく、とても読みやすいので投資初心者〜そろそろ初心者を卒業したい人向けの本だと思います。

 

この本では、株で利益をあげるためのテクニックなどは述べられていません。むしろ、株式投資は損をするという前提で話が展開されています。自分はアマチュアでありプロではないと認めながら、いかに相場の世界で生き残っていくか。この本からはそのような、個人投資家にとって大切な考え方を学ぶことができると思います。

個人的に、特に印象に残った部分を以下に引用します。

 

【質問】あなたは人より知識が豊富な個人投資家です。
そんなあなたが綿密に調べて買った株があります。あなたはこの株を買った時は、自分の判断は間違っていないという信念を持っていたでしょう。
あなたの予想に反して、この株は買値から下げ続けてしまいました。
あなたなら、この状況でどのように思いますか?
次の選択肢の中から選んでください。

①自分の判断が間違いだと素直に認める
②自分の判断が正しいと信じ続ける
③自分の判断が間違いだと思うが、正しいと信じ続けたい

 

いやーーーー深いですね!!

ここでは、答えや解説については触れませんが、いかがでしょうか?

 他にも勉強になる内容が盛りだくさんでした。

伸び悩みを感じているへっぽこ投資家の皆さん、手にとってみてはいかがでしょうか!